本文へスキップ

設備facilities

Top > 設備 > Creator PRO > フィラメント特集


フィラメント各種素材特集


 FlashForge Creator Proを使うためには素材となるフィラメントが不可欠です。
 フィラメントには純正品がありますが、運用上は互換品を使う事も多くあります。
 ここではFlashForgeの純正品の紹介と、私たちが使っている互換品の紹介をいたします。
 また、純正には無い素材については特設ページで別途紹介しています。


フラッシュフォージ純正 - FLASHFORGE Genuine Filament -

フィラメント (Filament)

 FDM方式の3Dプリンタにはフィラメントが必要です。フィラメントは素材や色が多様なため、目的や用途に合わせて取り換えることができます。

 Creator ProではABSとPLAの2種類の素材が使用できます。また、サポート材としてHIPSも使う事ができ、3種類を使い分けられます。

 純正品を使用すれば、3Dプリンタとの相性が最高だと思いますが、相応の費用負担が必要です。



[純正]ABSフィラメント (Filament)

 メーカー純正品として6色が用意されています。

 設定温度はヘッド220℃、プラットフォーム105℃で問題なく使用できます。ヘッド速度や精度などにより微調整は必要になります。






[純正]PLAフィラメント (Filament)

 メーカー純正品として8色が用意されています。
 特徴的なのは『クリア』色がある点です。

 設定温度はヘッド200℃、プラットフォーム50℃で問題なく使用できます。プラットフォームは温度を上げすぎない方が良さそうです。65℃でも失敗する例がありましたが、本体同梱の注意書きには60℃が標準と書いてあります。






HIPS・溶性サポート材フィラメント (Filament)

 サポート材なのでカラーは1色です。
 溶けて無くなるという便利な素材です。主にABSに使います。

 ノズル設定温度は230℃が標準です。マニュアルでは230℃ですがAmazonには240℃と書いてあります。
 HIPSの溶解時間は6〜24時間、モデルサイズや素材の混雑具合により長短変動します。

 HIPS(High impact polystyrene , ハイインパクトポリスチレン)は柑橘系により変質するため、一般ではPPフィルムなどをラミネートして使われているポリスチレンだが、3Dプリンタでは柑橘油溶性をサポート材として活用。
 耐熱温度は80〜90℃、電子レンジやオーブンは使えません。

 この商品に限り5,000円/kg(約350m)を超えます。ABSやPLAは4,500円/kgくらいです。


 溶剤となるリモネンですが溶剤・試薬として販売されている商品が何種類かあります。最安で3,800円/0.5Lで、原液なので希釈すれば数十倍量が使えると思います。
 リモネン含有の洗剤も多くあります。こちらは溶剤だけでなく洗剤としても使えるので、消費のスピードや保管性を考えるとアリかもしれません。溶剤としてどれが良いかはわかりませんが友和(Tipo's アビリティクリーン)は日本の会社のようです。

リモネン(試薬溶剤)

リモネン含有製品







互換品(純正以外) - Compatible Filament -

最大のメリットはコスト

 メーカー純正品は様々な試験を繰り返し、最大限の適合性を以って提供されているため、品質が安定・安心する代わりに費用がかかります。互換品のメリットはコスト、その差は2倍程にもなります。
 他のメリットとしてはカラーバリエーションが豊富になることが挙げられます。公称するカラーバリエーションだけでなく、同じ『ブルー』でも仕上がったときの色艶などが個々に異なります。



互換とは?

 フィラメントなら何でも使える訳ではありません。
 まず物理的な要件として『フィラメント径』が挙げられます。ヘッドに差し込むことができる径は1.75mmですが商品には3mmという太い物もあります。
 FDM方式で一般に使用できるとされる素材はABS、PLA(ポリ乳酸)、PC(ポリカーボネート)などです。Creator Proで溶解できる素材は何であるかを確認する必要があります。
 フィラメント径は絶対的要件という事をお忘れなく。



Pxmalion (ABS) ※.実物調達評価品

 Pxmalionというブランドのフィラメントです。
 カラーラインアップが多彩で価格はFLASHFORGE純正の半額程です。

 私たちがAmazonで最初に注文したのはABS・黄色・1.75mmの商品です。本体は真空パック、そして化粧箱に入った状態で、さらにAmazonの段ボールに入れられて届きます。

 フィラメント径1.75mmなのでCreator Proに適合しますが、スプール(ボビンやドラムのような形のモノ)サイズは合いませんので自作(後述)。

PxmalionフィラメントCreator Proアタッチメント造形(サイト内リンク)



ABS(Acrylonitrile-Butadiene- Styrene)樹脂
 設定温度は235℃で上手く造形できましたが、少し形が崩れます。220℃では積層がバラバラで繊維質な感じに仕上がり上手く溶けず接合されていないことがわかりました。プラットフォームは105℃です。
 Amazonで2,280円〜2,380円で買えます。但し黒3,680円、白3,480円、赤3,080円と人気色は高額化しています。






PLA(Poly Lactic Acid)
 設定温度はヘッド200℃、プラットフォーム50℃で問題ないと思います。
 Amazonで2,380円〜2,580円で買えます。但し赤・青2,680円、緑2,880円、、黒2,980円、白3,580円と人気色は高額化しています。











取付アタッチメント製作 - Attachment -

Attach Pxmalion to CREATOR PRO

 PxmalionのABSフィラメントをCreator Proに装着するにはアタッチメントを製作する必要があります。そんなアタッチメントは市販されていないので、自作することになります。

 Pxmalionのスプールの穴径は公称値56mmですが実寸では58〜59mmでした。FLASHFORGE純正は53mm程ですので穴径の調整が必要です。
 またフィラメントスプールホルダの腕の長さが5mm程足りないので延長が必要です。
 実際にはスプールが落ちなければ良いので、腕の長さを調整してやれば良いことに気づきます。

 そこで我々は腕を延長するアタッチメントを製作しました。フィラメントスプールホルダの先端部にあるツメを利用し延長アタッチメントと嵌合するように細工し、多少の遊びを持ってスプール脱落防止用の引掛(引留)部を制作しました。
 下図のモノでスプールが脱落せずに回転できるアタッチメントとなりました。






Creator Pro (www.ampita.net)



Creator Pro (www.ampita.net)



Creator Pro (www.ampita.net)






3D Printer Mediator3D

5-10-13, Noma, Itami, Hyogo
www.3dprinter.ampita.net
3D printer mediator of the health care field.