本文へスキップ

これからはじめる自分専用 My 3D Printer 『お一人様3Dプリンタ』

 ようこそ。

 ここではパソコンのように個人用の3Dプリンタが欲しいなと思っている方、3Dプリンタに関心のある方にお役に立てればと思って情報を提供させて頂いております。



これから始めるマイ3Dプリンタ

3D概要

 3Dプリンタの価格は家庭用インクジェットプリンタ並み。
 プラモデルやフィギュアなどのホビーマニアでなくても手が出しやすくなりました。

 自宅でも職場でも、3Dプリンタがどのように必要で、どのように活用できるかいまいち実感できないな、という方も多いと思います。

The price of the 3D printer fell.
There are many people whom the charm of the 3D printer is not handed down to.






こんなモノできました

3D概要

 3Dプリンタは想像したモノが自分の目の前で、他人の手を借りず、大きなコストもかけずに内製できます。

 仕上がり精度は1mm未満、数百ミクロンの世界です。

 右図は3Dプリンタで造形して、何も手を加えていない状態です。
 白いのはポリ乳酸(PLA)、黄色いのはABSという樹脂です。

The 3D printer can manufacture products without cooperation of another person.
It is precision less than 1 millimeter.
A 3D printer molded the nameplate, and we do not polish it.

iPhone BedPlaRail CouplerUSB






コスト…イニシャルとランニング

3D概要

 デスクサイドに置く『お一人様3Dプリンタ』ならば10万円以下です。5万円でも十分かもしれません。これは本体のイニシャルコスト。

 本体以外のイニシャルコストは千円前後でしょう。ほとんどが百均で調達できます。必要な物はヤスリ、ヘラくらいです。あとは利便性の問題です。

 ランニングコストはフィラメントと呼ばれる樹脂素材。Amazonで1巻2千円くらいで売っています。
 電気代は1回の造形で数十円程度でしょう。私の採用機種で消費電力350Wなので1時間造形して0.35kWh、1kWh20円として7円/hrです。
 メンテナンスは普段の掃除くらいで定期交換部品は想定していません。

The personal 3D printers for desk sides are 100,000 yen or less. Even 50,000 yen may be enough.
Initial cost except the 3D printer will be around 1,000 yen.
It is a filament that is worried in running cost, but it is around 2,000 yen in Amazon.

関西電力:主な電気料金単価表






誰でも使いこなせる

3D概要

 3Dプリンタを操るという部分では子供たちも対応しています。さほど手入れが必要だとは実感しません。

 私の場合、最初はワイシャツのボタンくらい小さいモノ、次にプラレールの連結器なので2cmくらいの造形物、と徐々に大きくなっています。半年で20種類くらい造形しましたが、まだ10cmを超えるモノは作っていません。

 3Dプリンタ調達前、3D設計ができるのか心配していましたが、意外と思えるほどスムースに習得できました。
 設計と言っても立方体と円柱を組み合わせるだけのソフトなので、積み木や粘土を画面上で扱っているような感覚です。フィギュアは自由曲面が多くて描画できませんが丸と四角を組み合わせるような物なら作れます。

成果物(サイト内リンク) ※.これまでに作った物を紹介しています。






買わずに借りる?

 3Dプリンタを『借りる』方法はいくつかあります。
 代表的なのはDMMなどが展開する、データを送って造形してもらう方法です。もう1つは工房に行き設置されている3Dプリンタを使わせてもらう方法です。

データ送付型 (←中級者向け??)

 3Dプリンタの保守や調整などの知識不要、高額機種や多様な素材の使用が可能、サイズも多様に対応しているなどの利点があります。
 ただし、3D設計のデータがどのように仕上がるのかイメージできない入門者・初心者には不向きかもしれません。1層ずつ積み上げていくということを十分に理解していないと、何千円も支払ってグチャグチャな造形物が仕上がることもあり得ます。

工房利用型 (←初心者〜中級者向け)

 3Dプリンタを時間制で使わせてもらえる工房や公設試などがあります。
 設置されている機種に限定はされますが、実機を目の前にして造形できる利点があります。
 ただし、3D造形はキレイに仕上げようと思うと数時間かかるので、その間はただただ待つだけ。造形されていく様子を見続けるのも良いかもしれませんが、それなりに時間の余裕があるときに限られます。
 ちなみに自宅であれば、寝る前にセットして造形開始、朝起きたら仕上がっています。






買うか、買わないか

3D概要

 以下の3つに当てはまれば買った方が良いと思います。
   1.創作意欲がある
   2.置く場所がある
   3.いま10万円ある

 仕事(職業)に役立つかを考えるなら個人用では不満かもしれません。
 創作意欲のある人を満足させるだけのポテンシャルはあります。

 私は3Dプリンタを買って、相当に世界が広がりました。コミュニケーションの幅も広がりました。良い買い物です。






 3Dプリンタでの造形に必要な情報を提供しています。
 実際の3Dデータも用意されており、3Dプリンタを買ったその日から造形できます。
 あなただけのオリジナル製品を、たった3つの立方体を配置するだけで作れます。

 3Dプリンタを買おうかなと思った方々には『現金99,800円』での3Dプリンタ調達ドキュメントがお勧めです。
 Amazonのサイトを見て、どれを買うべきか悩んだ経緯や結果がわかります。様々な視点から分類もされているので、購入時の参考になると思います。

 3Dプリンタはまだ要らないかなと思った方には、記念に私たちの作品集をご覧ください。
 素人でもこんな物が作れるんだ、という参考程度にご覧いただければ幸いです。

 私たちの3Dプリンタ活用の原点はヘルスケアです。
 ヘルスケア(医療・保健・福祉)の現場の課題解消がミッションであり、その手段のひとつとして3Dプリンタの活用方法を検討中です。







3D Printer Mediator3D

5-10-13, Noma, Itami, Hyogo
www.3dprinter.ampita.net
3D printer mediator of the health care field.