本文へスキップ

Top > 3Dプリンタ概要

はじめに

3D概要

 3Dプリンタとは、3次元に印刷・造形する装置です。
 よくあるインクジェットプリンタが紙に平面的に、2次元に印刷することに対し、3Dプリンタでは2次元印刷を少しずつ重ねていき3次元化するようなイメージで捉えることができます。

 3Dプリンタではデジタルデータを造形物に変換します。2次元の世界が3次元化されます。生産現場では設計や試作に活用されており、簡易の金型も造られています。

 医療では手術用(植込用)の人工骨や、トレーニング・患者説明用の臓器モデルなどで利用が始まっています。

The 3D printer converts digital data into a molding thing. Three dimensions of two-dimensional world is made. It is inflected in a design and trial manufacture in the shop floor. It can mold the die of the facility, too. It is used for medical implant. The 3D organ model is used for training and simulation.



できるもの

造形物

 3Dプリンタで造ることができる造形物は大きさ、形、精度などさまざまです。

 試作品や家庭用というレベルで言えば、十分な完成度が期待できます。

 左図は4mmのネジの穴、ネジ頭部分のテーパの形も3Dプリンタで仕上げています。ネジ穴加工が不要で、しかもネジ頭が仕上がり面とフラットになる小細工もできています。



プリンタ技術分類

分類

 3Dプリンタは多種多様な技術が用いられています。
 家庭用にも普及している熱溶解積層方式(FDM)は細いノズルから溶かした素材を押し出して一層ずつ絵を描いていく方法です。3次元的に装置は動作しますが、実際はノズル部分は2次元的に絵を描く筆の役割、描かれるキャンバス側は1層描くごとに下がる上下方向の1次元動作、この組み合わせで3次元の造形物を造り出しています。

 3Dプリンタの技術分類はこちらをご覧ください。



魔法の箱ではない

3Dデザイン

 3Dプリンタさえあればモノづくりができる訳ではありません。

 誰かの指示を待っています。

 その指示を与えるのが設計やデザインという作業です。
 コンピューターソフトウェアで誰かがデザインします。

 3Dスキャナという実体を走査して3Dデータ化する技術もありますが、自由なデザインを作るには粘土などで造形する必要があり、頭の中に想像した絵が自動的に3Dで創造される夢のような時代にはまだなっていません。



ソフトウェア

3Dソフトウェア

 3Dプリンタ1層ごとの2次元データに基づいて全層を印刷することで3次元の物体を造り出します。
 その1層ごとのデータは3D-CGなどのデータそのものではなく、設計・デザインされた図画を適度にスライスした画像になります。
 3Dプリンタでは全体の絵を描くためのソフトウェア、それをスライスデータにするためのソフトウェアの2種類が使用されます。

 ソフトウェアについて詳しくはこちらをご覧ください。



News・Topic

3Dデザイン

 3Dプリンタに関わる話題を探しています。



リンク

リンク

 3Dプリンタに関連のありそうなリンクを張っています。








3D Printer Mediator3D

5-10-13, Noma, Itami, Hyogo
www.3dprinter.ampita.net
3D printer mediator of the health care field.