本文へスキップ

3D-CE3D Clinical Engineer

治具・アタッチメント…3Dプリンタ利用想定 - 3D Printer for Jig -

3D CE

 『3D』『治具』『アタッチメント』と聞いて普通だなと思った方も多いでしょう。

 従来の治具やアタッチメントはニッチな使途のために少量だけ造られてきたものが多くあります。ごく一部の人には重宝されてきました。

 用途限定・少量・多種多様の目的で、さらに短期間・一時的などとなれば3Dプリンタでの造形の意義が高まります。

*.治具…工作物の位置決めや、取付案内をする装置や道具。都度の測定が不要となり、作業の標準化も図ることができる。jig。
*.アタッチメント…器具や機械の付属装置・補助具。attachment

It is not special to make a jig with a 3D printer.
There being the value of the 3D printer in the case of niche, a small quantity, many varieties.



治具はできるのか?- Can 3D Printer Manufacture Jigs? -

治具

 3Dプリンタで治具、つくれます。

 3Dプリンタは万能ではなく、また、あり物を活用した方がリーズナブルなこともありますので、創意工夫も有意義です。従来の方法に限界を感じているならば、3Dプリンタは世界を広げてくれます。

3D printer can manufacture jigs.
However, the 3D printer is not almighty.
There is the reasonable method anything.
Let's do an inventive idea.



創作中 - Creating -

治具

 私たちは治具やアタッチメントを作っています。

 無駄な作業、エラーを誘発する作業は回避しています。

 情報の可視化・顕在化・共有化に努めています。

We create a jig and an attachment.
We work hard to get rid of a useless process and error elicitation process.






3D Printer Mediator3D

5-10-13, Noma, Itami, Hyogo
www.3dprinter.ampita.net
3D printer mediator of the health care field.