本文へスキップ

3D-CE3D Clinical Engineer

Top > 3Dプリンタ概要 > ヘルスケア > 医療現場3Dプリンタ > 3D-CE(3D医工学)

3D? CE?

3D CE

 『3D』は3Dプリンタです。

 『CE』はClinical Engineerの略で、日本国の医療免許『臨床工学技士』を指しています。

 ここではCE(臨床工学技士)が3Dプリンタを活用して業務効率化や手技高度化を図れるよう研究し、現場技士をサポートしていきます。

"3D" is a 3D printer.
"CE" is a clinical engineer. It is "Rinshou Kougaku Gishi" in Japan.
We support that CE uses a 3D printer. Promote efficiency of duties with a 3D printer. Heighten a procedure with a 3D printer.
We support an on-site clinical engineer with a 3D printer.



何ができるのか?

造形物

 3Dプリンタは想像力・創造力があれば何でも造れそうです。

 必要なのは現場の『困った』と解決策が『どこにもない』です。

 左図は異径であり、異分野で使用される物をつなぎたいという要望から生まれた3D造形物です。青い部分が造形物です。

 『無いからつくる』ということが3Dプリンタの醍醐味であり、私たちが推す課題解決型では現場の『困った』を原動力にしています。

If there is imagination / creativity, anything can make the 3D printer.
It is an opinion of the spots that we require, "I was troubled", "It is a solution nowhere".

It is the powerful charm of the 3D printer to create because it is a state of "nothing".



声を届けて!!

Voice

 私たちは解決すべき課題を知らなければ手が出ません。

 あなたの声をお聞かせください。

When we do not know the problem that should be settled, we cannot be active.

Please tell me your opinion.




これからの『3D-CE』

Voice

 3D-CEの地位確立、定着には実績が大事です。

 まずは『お金をかけずにこんな解決をした』という実績が残るよう、私たちがお手伝いします。課題をお寄せください。

 医療現場での3Dプリンタの応用は装置の高度化・多様化とともにますます広がりますが、そのオペレーターやマネジャーは誰になるか未定です。

 お察しの通り、CEが担当すれば良いと思いますが、いかがでしょか。
 使用場所と素材のマッチング、仕上がり検査などを含めてマネジャーの担う役割は重責です。

 どのような使われ方であっても、対応できるマネジャーとしての『3D-CE』という職種が確立されることを願っています。

The results are important for the fixing of the workplace of 3D-CE.
We help with the making of results "that this problem was solved in cost-free".

Please tell me your opinion.

The 3D printer diversifies. The 3D printer requires an operator and a manager.

Please guess.
Is CE reasonable for a manager?

We hope that a job called 3D-CE is born.



3D Printer Mediator3D

5-10-13, Noma, Itami, Hyogo
www.3dprinter.ampita.net
3D printer mediator of the health care field.